朝日新聞の購読。申込はネットから、配達は朝日新聞販売店(ASA)から。


朝日新聞 ネットからの申込で限定プレゼント!オリジナルカタログギフトがもらえます!

朝日新聞の購読の申込。自分がネットで手続をした理由は…

 朝日新聞の購読申込をインターネットでした理由は便利で簡単だからです。近所の朝日新聞の販売店を探したり、ご近所の朝日新聞の販売店に電話をしたりする必要はありませんでした。インターネットから申込をしたところ、朝日新聞さんが近所の販売店さんを探してくれて、その販売店に連絡をしてくれました。後は、販売店からの連絡を待っていただけ。ラクラク簡単で驚きました。

朝日新聞申込



朝日新聞オリジナルの「カタログギフト」を頂きました。

ネットから朝日新聞の申込みをした理由の2つめは、6ヶ月以上の新規購読なら、朝日新聞さんと朝日新聞販売店さんから「オリジナルカタログギフト」をプレゼントしてもらえるからです。洗剤は余っています… 「オリジナルカタログギフト」なら、自分の好きなプレゼントが選べてムダになりません。

朝日新聞の3大テーマについての画像。朝日新聞の3つの重要報道テーマが、環境、教育問題、健康・医療であることを画像で説明しています。

朝日新聞申込


大学入試出題数 朝日新聞がナンバー1

 朝日新聞を選んだ理由は、信用できて、分かりやすいからです。2012年の大学入試問題の出題状況を調べたところ、朝日新聞の記事が241大学で使われたとのことです。使われた問題の数では398、使われた記事の数は450。 この数字は他の全国紙と比べても朝日新聞が圧倒しています。大学入試に新聞の記事が使われているのは、朝日新聞の内容が信頼できて、朝日新聞が高校生でも理解できる分かりやす新聞であることの証拠です、

朝日新聞と他の全国紙の大学入試における出題実績をグラフで説明

朝日新聞申込


朝日新聞の販売店の検索

朝日新聞の購読申込をインターネットで行うのではなく、直接、ご近所の朝日新聞の販売店に電話等でお申し込み頂きたい場合は、以下の検索窓からお近くの新聞販売店を検索して頂けます。



都道府県別の朝日新聞の販売店

都道府県別の朝日新聞販売店のページです。都道府県別のページでは、朝日新聞だけでなく、それぞれの都道府県での代表的な地方紙、ブロック紙のホームページも紹介しています。

北海道・東北地方
北海道の朝日新聞販売店青森県の朝日新聞販売店岩手県の朝日新聞販売店宮城県の朝日新聞販売店秋田県の朝日新聞販売店山形県の朝日新聞販売店福島県の朝日新聞販売店

関東地方
茨城県の朝日新聞販売店栃木県の朝日新聞販売店群馬県の朝日新聞販売店埼玉県の朝日新聞販売店千葉県の朝日新聞販売店東京都の朝日新聞販売店神奈川県の朝日新聞販売店

中部地方(甲信越地方、北陸地方、東海地方)
新潟県の朝日新聞販売店富山県の朝日新聞販売店石川県の朝日新聞販売店福井県の朝日新聞販売店山梨県の朝日新聞販売店長野県の朝日新聞販売店岐阜県の朝日新聞販売店静岡県の朝日新聞販売店愛知県の朝日新聞販売店

近畿地方
三重県の朝日新聞販売店滋賀県の朝日新聞販売店京都府の朝日新聞販売店大阪府の朝日新聞販売店兵庫県の朝日新聞販売店奈良県の朝日新聞販売店和歌山県の朝日新聞販売店

中国地方
鳥取県の朝日新聞販売店島根県の朝日新聞販売店岡山県の朝日新聞販売店広島県の朝日新聞販売店山口県の朝日新聞販売店

四国地方
徳島県の朝日新聞販売店香川県の朝日新聞販売店愛媛県の朝日新聞販売店高知県の朝日新聞販売店

九州・沖縄地方
福岡県の朝日新聞販売店佐賀県の朝日新聞販売店長崎県の朝日新聞販売店熊本県の朝日新聞販売店大分県の朝日新聞販売店宮崎県の朝日新聞販売店鹿児島県の朝日新聞販売店沖縄県の朝日新聞販売店

 


朝日新聞の歴史と沿革

朝日新聞社は、日本に5つある全国紙の一つである。 2010年6月の時点で、その夕刊向けの朝刊用796万と3.1万円であり、その発行部数は、読売新聞の次であり、二番目である。朝日新聞はは、大阪で登録された本社を置いています。

朝日新聞社は、ニューヨーク·タイムズ紙によって所有されているインターナショナル·ヘラルド·トリビューンと提携していた。 2010年までに、彼らは朝日新聞の前の英語の毎日、朝日イブニングニュースを置き換え英語読者のためのインターナショナル·ヘラルド·トリビューン/朝日新聞、毎日を発表した。 2010年には、このパートナーシップは、採算性のために溶解し、朝日新聞は現在、英語読者のためのアジア·日本腕時計のオンラインポータルを運営していますトリビューンアエラ英語、英語学習者のための光沢のある雑誌の朝日新聞に協力しています。

ASAの新聞配達エージェント
日本最古かつ最大の日刊新聞の一つ、朝日新聞は1銭(円の百分の)のコピーを販売した小型印刷、4ページの図示された紙として1879年1月25日に大阪で刊行を開始し、持っていた約3,000部の発行部数。 20人のスタッフの3創立役員は木村昇(会社社長)、村山Ryは?丙(所有者)、および津田亭(編集長)であった。同社初の敷地内には南dでいましたか、大阪の江戸堀。同年9月13日、朝日新聞は、その最初の社説を印刷した。

1881年、朝日新聞は、すべてのニュースの形式を採用し、共同主催者として上野理一を入隊。 1882年から、朝日は、政府と三井物産からの財政支援を受けるようになったし、経営基盤を固め。その後、兄三井マネージャーの一人だった上野や、村山のリーダーシップの下、朝日は国民の卓越性に着実に上昇を始めた。 1888年7月10日に、東京朝日新聞の最初の問題はで東京事務所は浅草橋より出版されました。 それは三つの小さな紙の連続だったように最初の問題は、ナンバー1076の番号が付けられたのですか?全くともしびず、ともしび朝日新聞と読売新聞。

1907年4月1日で、その後有名な作家夏目は、東京朝日新聞に参加するために、今では東京帝国大学、東京大学で彼の教授職を辞任した。これは「吾輩は猫である」の出版後すぐにあった彼の文学的関心の中心なさ坊ちゃんと。
1908年10月1日、大阪朝日新聞と東京朝日新聞上の単一の統一された法人で、朝日新聞に合併された。市合同会社、約60万円の資本金。
1918年、なぜなら米騒動時の寺内正毅内閣に向かってその批判的な立場から、政府当局は、そのリベラルな見解の軟化につながる、大阪朝日の記事を抑制し、抗議してそのスタッフの記者の多くが辞任。
確かに、朝日新聞のリベラルな立場(とそのことについては、その歴史を通じて)1936年2月26日事件の間、その破壊行為につながっただけでなく、この期間を通して、右翼からの再三の攻撃。
1930年代の後半から、朝日新聞は熱心に首相近衛文麿の戦時中の政府(近衛新大成、または近衛新政治秩序と呼ばれる)をサポートし、緒方竹虎、朝日新聞の編集長の下で厳しく資本主義を批判した。そのようなShintarとして朝日の有力論説委員? Ryは?広尾サッサ、とHotsumi尾崎(有名なスパイリヒャルトゾルゲための情報提供者)いろの中心メンバーだった?近衛の政治シンクタンクだったわKenky?会、。

緒方氏は、T?山満によって1881年に形成されていたジェニー?舎の主要メンバーの一人だった。ジェニー?shaは組織犯罪のフィギュアや遠く右翼政治信条を持つ人々の国粋主義グループだった。後でクラス戦犯として絞首刑にされたK?気広田も、ジェニーの主要メンバーだったのですか?shaと緒方さんの親友の一人。広田はT?山の葬儀委員会の委員長であった、と緒方副会長だった。
Ryは?、彼が朝日に入る前[5]社会調査のために?原研究所のマルクス経済学者だったが、彼の日本経済新聞ないSaihensei(日本経済の再編成。1939)で中央計画経済を提唱した。とサッサ、超国家主義的な政治家佐々Tomofusaの息子は、(彼らがK?D?ヘクタールまたは皇道派と呼ばれていました)一番右将軍と手に参加し、淳之介井上(大蔵省の元?大臣)、男爵ダン琢磨を暗殺したテロリスト近衛をサポートする(三井財閥の取締役会会長)と内閣総理大臣犬養毅。 1944年、彼らは首相秀樹Tの暗殺を試み?J? (日本軍のK?D?ヘクタールと矛盾T?seihaまたはコントロールグループの指導者​​の一人)。
1937年4月9日に神風、朝日新聞社が主催し、飯沼正明によって飛ばさ三菱航空機は、西洋世界の驚きに、ロンドンに到着した。それはヨーロッパに飛んだ最初の日本製の航空機であった。
1940年9月1日、大阪朝日新聞と東京朝日新聞に統一された朝日新聞に彼らの名前。
新聞SEIGが寄与重要なエッセイを出版した後、1943年1月1日に、朝日新聞の出版物は政府によって停止されました?またジェニー?shaと緒方の親友の主要メンバーの一人だった中野。
1943年12月27日に、Nagataka村山村山Ryは?丙と朝日の社長の義理の息子は、編集長から緒方を削除し、朝日の絶対的な権力を保持するために副社長に彼を左遷。
1944年7月22日に、緒方、朝日の副社長は、無任所大臣と邦昭小磯内閣で内閣情報局(CIA)の社長に就任しました。
1945年4月7日に、下村宏、朝日の元副社長は、無任所大臣とカンターで内閣情報庁の社長に就任しました?スズキのキャビネット。
1945年8月17日に、緒方は、ポートフォリオと官房長官なし大臣とプリンスHigashikuniのキャビネットに内閣情報局(CIA)の社長に就任しました。
1945年11月5日に、戦時中の新聞の原則を損なうために責任を負うための方法として、朝日新聞社の社長及び上級幹部が総辞職した。
1946年11月21日に、新聞は現代仮名利用システム(すねkanazukai)を採択した。
1949年11月30日に、朝日新聞は長谷川町子によってシリアライズ帯漫画サザエさんを公開し始めた。これは日本の戦後の時代の中で画期的な漫画だった。
1954年と1971年の間に、朝日新聞はこれが日本だと題する英語の年間光沢のある、大判を発表した。
2001年4月2日には、英語の日常、インターナショナル·ヘラルド·トリビューン/朝日新聞は、最初に出版された。
2007年6月26日に、船橋洋一は、朝日新聞の第三編集長に選ばれました。